葉酸はいつまで飲めば良い?妊娠中期以降も葉酸は必要?

妊娠前や妊娠初期に葉酸を摂取するというのは、よく言われているとです。
ならば、妊娠中期や妊娠後期は葉酸を摂取しなくてもよいということなのでしょうか。

 

葉酸は妊娠中に必要な栄養素です。
妊娠中期の葉酸の必要性についてお話ししていきます。

 

葉酸はいつまで摂る?ずっと必要?

葉酸は妊娠前や妊娠初期だけではなくて、その後の妊娠中期や妊娠後期にも必要になってくる栄養素です。
妊娠中は貧血になりやすくなります。
葉酸には造血作用があるので貧血を予防するにも効果的なのです。

 

葉酸は、妊娠初期のうちは胎児の体を作るために必要な栄養素なのですが、妊娠中期になると母体のために必要な重要な栄養素といえます。
もちろん妊娠中期になっても胎児にも葉酸は必要な栄養素です。

 

葉酸は食べ物にも含まれている

妊娠中期に葉酸が不足すると悪性貧血になってしまいます。
葉酸は緑黄色野菜や果物などに含まれている栄養素です。食べ物からも摂取することができる栄養素でもあります。

 

しかし葉酸は水溶性ビタミンのため熱や水に弱いです。
食べ物から妊娠中に必要な量の葉酸を摂取することは困難です。
そのため、葉酸サプリを摂取する人が多いのです。

 

妊娠中期の葉酸の必要量

妊娠初期は400μgの葉酸を葉酸サプリから摂取することを厚生労働省も推奨しています。
妊娠中期の葉酸摂取は一日で480μgと言われています。

 

妊娠初期より多い!と思う人もいるかもしれませんが、これは総合的な食べ物を混ぜての摂取用です。
妊娠中期の葉酸サプリでの葉酸の摂取は240μgがすすめられています。ちなみに出産後の授乳期は100μgの摂取がすすめられています。

 

この摂取量の目安は葉酸サプリのパッケージにも記載されていることが多いです。
葉酸サプリは妊娠中に限って飲んでいくイメージがあるものですが、妊娠に関係なく健康のために飲んでいくこともおすすめのサプリメントでもあります。

 

妊娠中期の葉酸の具体的な効果

先に少し妊娠中期に葉酸を摂取する理由をお話ししましたが、葉酸サプリを飲むことでどんな効果があるのかを詳しくお話ししていきます。

 

悪性貧血を予防する

葉酸はビタミンB12と一緒に働くことで赤血球を作り出す働きがあります。造血作用があることで貧血を予防していきます。

 

流産を防止する確率が高まる

先天性異常の流産の予防をします。葉酸を摂取することで流産のリスクが軽減するのです。

 

免疫力を高める

これは妊娠中期だけではなくて、いつの状態でも当てはまることなのですが、葉酸は免疫力を高める作用があります。
タンパク質の合成を促進する働きがあるので免疫細胞を強くします。

 

子供の自閉症リスクを軽減する

妊娠中期に葉酸を摂取すると子供が自閉症になるリスクを軽減することがわかっています。

 

つわりを和らげる

葉酸にはリラックス効果があります。自律神経が乱れることでつわりが悪化している場合は症状を和らげる働きをします。

 

妊娠中期も葉酸は重要

妊娠中期になっても葉酸の摂取は重要なこととなります。
葉酸の摂取は、食べ物からだけでもよいのですが、妊娠中期に必要とされている摂取量は取り入れることはできません。

 

妊娠中期になっても、やはり葉酸サプリがおすすめです。
葉酸サプリは、安全性の高い飲みやすいものを選んでいきましょう。

 

特に添加物には注意していきましょう。葉酸サプリを選ぶときは、葉酸以外に含まれているビタミンやミネラルのバランスなども気にしてみましょう。
そして配合されている成分も気をつけましょう。
「マカ」などが配合されている女性ホルモンのバランスを整える作用のある妊活向きの葉酸サプリは、妊娠中期に飲むものとしてはおすすめできません。